信州高森温泉バイオマスボイラー完成記念式典

高森町の「信州高森温泉バイオマスボイラー完成記念式典」に出席しました。

この事業は、環境省の平成30年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金を活用し、温泉の熱供給を、これまでの化石燃料を燃やすボイラーから地域産の木質チップ燃料を活用するバイオマスボイラーに変えることにより、年あたり542トンの二酸化炭素の排出削減と燃料代半減を実現するものです。

このボイラーは地域の木材資源をエネルギー源として活用する地域循環エネルギーシステムのモデルであり、こうした熱利用が地域全体に広がる原動力となることを期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください